01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

クインロケットBR その87 

エンジン 最終仕舞 ①


ハーネス取付も終わった。
“火入れ” に向かって粛々と進めて参ります。

貧乏神・・『ほ~、粛々って漢字の言葉も使えるンや』

ワシ・・・『アホか、工業高校出てるし漢字語ぐらい言えるわ』


エンジン 仕舞 前
(2478)_convert_20170215075226.jpg
もう一度よく見ておきます。

あれは・・・大丈夫。
これは・・・大丈夫。

・・・・。

ない頭で考えます。

よし、大丈夫や!
ま、別に何か忘れていてもそないに影響はない。


エンジン 仕舞 ①
(2479)_convert_20170215075251.jpg
長らく机の上で待たせました。

ワシ・・・『おまっとさん、もうすぐ火入れしてやるしな』
※おまっとさん→お待ちどう様です の意。

エンジン・・『別にどうでもええけど』

別に喜んでる雰囲気でもない。
やれやれ・・・ですわ。


エンジン 仕舞 ②
(2481)_convert_20170215075315.jpg
一気に載せてやった。


エンジン 仕舞 ③
(2486)_convert_20170215075349.jpg
で、すぐさま降ろしてやった。

貧乏神・・『何してンの?』

ワシ・・・『載せたかっただけや。悪いのか?』

貧乏神・・『別に悪~はないけど。 アホちゃうか
聞こえるとマズいので小言です。

【マウントボルト】が通るのを確認しただけです。
ま、通るに決まってますが。

別にええやろが!


エンジン 仕舞 ④
(2487)_convert_20170215075406.jpg
バラす前に付けておいた【マグネトーベース】の刻印を見ておきます。

よし!
指さし確認です。


エンジン 仕舞 ⑤
(2488)_convert_20170215075424.jpg
で、変な形の【フライホイール】を 着。

取り敢えず納めておいて、後日【ポイン調整】をやります。

以前確認したかも・・・。


エンジン 仕舞 ⑥
(2490)_convert_20170215075948.jpg
で、続いて反対側の【クラッチ】側です。

この位置に【ドライブスプロケット】が納まります。


エンジン 仕舞 ⑦
(2489)_convert_20170215075439.jpg
が、山が欠けてます。

“15山”“9山” が飛んでしまってる。

これも一応マニアック店主に相談した。

ワシ・・・『どう思う?』

店主・・・『ワンオフで作れるンちゃうか』

ワシ・・・『高いやろか?』

店主・・・『そりゃ~高級車が買える位高く付くやろな』

ワシ・・・『せめて軽トラ位なら・・・金ないし、やめとくわ』
以前の【メーターギヤ】でも同じ会話でした。

この店主、優しのかキツイのか解りません。

ま、法定速度で真っ直ぐな道なら大丈夫でしょう。
急アクセルや急なエンジンブレーキは気を付けます。

ふと考えた。
チェーンは緩い方が良いのか?
はたまたキツイ方が良いのか?

店主に聞いたが・・・忘れた。


エンジン 仕舞 ⑧
(2492)_convert_20170215075454.jpg
【ドライブスプロケ】を収めて、デカいナットで締めます。

バラす時も難儀した。

高価な35mmソケットを買ったが、短くて届かない。


エンジン 仕舞 ⑨
(2497)_convert_20170215075513.jpg
しゃ~ないので、薄く削ったアンギラで締めます。

貧乏神・・『そんなんで大丈夫か?緩んで外れへんか?』

ワシ・・・『ど~もあらへん』
緩み止めのワッシャを倒しておきます。
まして【クラッチケース】も被さります。


エンジン 仕舞 ⑩
(2498)_convert_20170215075536.jpg
緩み止めの【ワッシャ】を叩き倒しておきます。

狭い所でマイナスドライバーで叩き倒したった。
またこの【ワッシャ】の厚いこと・・・。

もう二度とは戻せないでしょう。


てな事で、粛々と “エンジン仕舞” をやっています。


漢字の言葉くらい言えるわ!


以上。


次回に続く・・・【クインロケットBR その88】
スポンサーサイト

category: クインロケット BR

Posted on 2017/02/20 Mon. 06:37  edit  |  tb: 0   cm: 0  

クインロケットBR その86 

ハーネス 取付


ダラダラ引き延ばしてきた【ハーネス】を取り付けます。


元 ハーネス
(2457)_convert_20170212110749.jpg
一応、置いておきます。

貧乏神・・『何で?』

ワシ・・・『何でもクソもない、置いとくンや』
ま、使う事はないが・・・。

貧乏神・・『使わへんのに、何で?』

ワシ・・・『今まで生きて来た証で、置いとくンや』

貧乏神・・『何で?』

ワシ・・・『何で何でって言うな!』

貧乏神・・『何で?』
関西人の得意な “何で何で攻撃” です。

貧乏神・・『何で? ケケケ』



ハーネス 取付 ①
(2454)_convert_20170212110805.jpg
タンクを載せれば白いチューブも隠れます。

ま、出口付近は見えますが。


ハーネス 取付 ②
(2455)_convert_20170212110821.jpg
元画像を見ながら添わしていきます。

取り敢えずテープ固定はやらずにタイラップ仮止め。
最後にテープ固定します。


ハーネス 取付 ③
(2456)_convert_20170212110837.jpg
右の1本は【バッテリー】回路。
左に行くのが【テール・ホーン】回路。

画像で確認してます。
やはりPCって便利や。


ハーネス 取付 ④
(2458)_convert_20170212110909.jpg
【手元SW】です。
ライトの “Hi・Lo” 切替と “ホーン” です。
ウインカーはありません。

ホコリまみれで接点も黒ずんでます。


ハーネス 取付 ⑤
(2461)_convert_20170212110923.jpg
ホコリはエアーで、ブシュー!
接点をペーパー掛けして【接点復活剤】を塗布。
綿棒を使ってスリスリしてます。

ペーパーだけで十分かもしれません。
ま、“KURE” が作ってるんで効果はあるんでしょう。


ハーネス 取付 ⑥
(2465)_convert_20170212110944.jpg
やはり白チューブは気になるので被せ直します。

タンクで隠れる所はいいが、見える所が変。
画像でも白く見えますが、実際は思いっ切り “真っ白” です。

【整流器】へ行く約10cmを元の黒チューブを使い、
【エンジン】に行く配線は【DT-1】の新品の残りチューブ。

ま、真っ白よりはシルバーの方がマシでしょう。


ハーネス 取付 ⑦
(2470)_convert_20170212111001.jpg
【ホーン】本体を取付・結線。

この回路2本もシルバーチューブ使用。



ハーネス 取付 ⑧
(2471)_convert_20170212111017.jpg
フレームに沿っていく【RブレーキSW】回路は元の黒チューブで細工した。

黒いフレームに白チューブは目立ち過ぎです。


ハーネス 取付 ⑨
(2477)_convert_20170212111032.jpg
てな事で、【自作ハーネス】の取付 完。

次はエンジンを積んだら、

火入れや!


貧乏神・・『えっ! 火入れって、まだまだいっぱいあるやろ』

確かに・・・。

エンジンの最終仕舞をしなくてはなりません。
気が早い “火入れ” を口にしてしまった。

ま、そないに慌てる事はない。

ユックリ・ジックリやって行きます。

で、今日はおわり。


次回に続く・・・【クインロケットBR その87】

category: クインロケット BR

Posted on 2017/02/18 Sat. 06:44  edit  |  tb: 0   cm: 0  

クインロケットBR その85 

ハーネス 取付


【自作ハーネス】を取り付けます。

取り回しは貧乏神のジジィに見てもらいながらやります。


配線図
(2567)_convert_20170212090136.jpg
CADで書いた配線図をプリントアウト。
色も付けてやった。

超マメである。

この図面を手元に置いてやって行きます。


ヘッドライトケース
(2441)_convert_20170212083734.jpg
配線口に保護グロメットがない。

やはり付けておかねば。
無駄に多いセットです。
孫の代まで使えそうな量です。

ま、その都度1個だけ買う訳にもいかない。

備えあれば・・・です。


グロメット
(2442)_convert_20170212083748.jpg
タマタマちょっきりのグロメットがあった。

コイツを付けなければ配線が擦れて切れてしまう。

貧乏神・・『すり切れるほど乗らへんやろ』

ワシ・・・『乗るわ!』
乗らないでしょう。

【JC58】なんて半年以上乗ってない。
ただし、室内でエンジン位は掛けてます。
バッテリー配線も【ON・OFF】SWを付けてやった。

そんな事はど~でもええ。
進めます。


ケース内
(2444)_convert_20170212083802.jpg
“ 三 ” ・・・。
上手な字である。

ワシ・・・『何やろ?』

貧乏神・・『さ~、何やろな?』

ワシ・・・『三平さんが作ったんやろか?』

貧乏神・・『三郎さんやろ』

ワシ・・・『イヤちがう、三重子さんやろ』

貧乏神・・『もうど~でもええやろ』

う~ん・・・考えた。
ワシ・・・『もしかして三番目の製造やろか?』

もの凄く気になるサインである。


ケース内
(2445)_convert_20170212083818.jpg
【メインハーネス】を大きな穴、【手元SW】を小さな穴から挿入。

内部での結線 完。


新設ハーネス
(2447)_convert_20170212083833.jpg
これで車体に取付できます。
【手元SW】は元のまま使います。

貧乏神・・『やっぱり白チューブは変やわ』

ワシ・・・『そんなモン、ど~でもええわ』
やはり違和感がある。

でも、無いモンはしゃ~ない。
このまま進めます。


ヘッドバルブ
(2449)_convert_20170212083849.jpg
テスターで導通確認。

ワシ・・・『大丈夫、切れてへんわ』

貧乏神・・『切れてるかどうか、見たら解るやろ』
この貧乏神、歳は取ってるが老眼ではない。

ワシ・・・『アホか、人間は老眼になるから眼鏡屋が儲かるンや』
ただこんなモン老眼鏡をかけても見えません。

最近やってませんが、糸に針は通せないでしょう。
貧乏神・・『おかしいやろ、針に糸を通すんやろ』

ワシ・・・『アホか、京都は昔から糸に針を通すンや!』
一回やってみたろ。


ワシ・・・『そや、実際オマエは何歳なんや?』
今まで聞いた事はない。

貧乏神・・『ボクか・・・いくつに見える?』

ワシ・・・『アホか、飲み屋のねえちゃんの会話とちゃうわ!』

貧乏神・・『280歳くらいかも・・・』

ワシ・・・『ふ~ん、さよか』
どうでもええ事です。


取付
(2450)_convert_20170212083912.jpg

アッ!

し、しまった!

貧乏神・・『何々? ど~したん』
アッ!って叫んだらすぐに寄ってきます。

ワシ・・・『メーターケーブルを忘れてる』

貧乏神・・『何~や。ボクは解ってたで』

ワシ・・・『じゃあ何で言わへんのや!』

貧乏神・・『ど~せメーターは回らへんし付けへんと思ってたわ』
恰好だけでも付けておきます。


再度 撤去
(2451)_convert_20170212083932.jpg
邪魔くさい。

ケーブルの固定ナットがデカいので、先に入れなくてはなりません。
配線を全て抜き取ってケーブルを入れます。

イライラしてて写真は撮ってない。


再度 取付
(2453)_convert_20170212083947.jpg
取付 完。

邪魔くさいと言っても10分位のやり換えです。

ま、“素人レストア” ってこんなモンですわ。


メーターギヤ
(2452)_convert_20170212084002.jpg
中身が空っぽの【メーターギヤ】にケーブルをセット。

ワシ・・・『別にええやろ!』

貧乏神・・『別にええけど、気にならへんか?』

ワシ・・・『・・・確かに』
別にメーターが無くても、スピードなんて体感で解ります。

別にええやろが!


おわり。


次回に続く・・・【クインロケットBR その86】

category: クインロケット BR

Posted on 2017/02/16 Thu. 06:54  edit  |  tb: 0   cm: 2  

クインロケットBR その84 

ハーネス 新設 その3


大まかな配線作りは 完。
一気に結線していきます。

と言っても、一部結線だけです。


ハーネス新設 ⑩
(2436)_convert_20170212071349.jpg
【メインSW】の結線図を書いときます。

この結線刻印も各メーカーで若干違うと思った・・・

が、見直したらほぼ近い表記でした。

ネタが少ないンで行き先を説明します。

Ho →ホーン 
B →バッテリー
H →ヘッド廻り(テール共)
D →エンジン
S →セレン
E →アース
M →エンジン


以外は解り易い表記です。

終わるまでには【SW 切替接続表】を書くつもりです。
ややこしいが、何とか解るやろ・・・。


ハーネス新設 ⑪
(2432)_convert_20170210162613.jpg
SW側端子も買い足す事もなく手持ちで出来ました。

接触しない様に【熱収縮チューブ】で保護。


ハーネス新設 ⑫
(2435)_convert_20170212071420.jpg
【メインSW】 結線 完。

各回路は元配線通りの方向に向けておきます。


ハーネス新設 ⑬
(2434)_convert_20170212071405.jpg
新たに配線図も書いたので間違う事はないが、
各部位に取付ける “行先表示” も付けておきます。


ハーネス新設 ⑭
(2440)_convert_20170212071435.jpg
てな事で、【メインハーネス】製作 完。

取り付けます。

が、そんな簡単には進めません。

“小出し日記” です。


ハーネス新設 ⑮
(2563)_convert_20170212084607.jpg
その日のうちに配線図を作図。

貧乏神・・『相変わらずマメやな~』

ワシ・・・『アホか、几帳面と言え!』
図面を書くのは好きです。


おしまい。


次回に続く・・・【クインロケットBR その85】

category: クインロケット BR

Posted on 2017/02/14 Tue. 06:50  edit  |  tb: 0   cm: 2  

クインロケットBR その83 

ハーネス 新設 その2


折れてボロボロでパキパキに折れてるハーネスを作り替えます。

そんなモン邪魔くさい!
って、思ってる方も居られるでしょうが簡単に出来ます。

電気の専門知識がなくても、同じ長さに切って繋ぐだけです。

貧乏神・・『偉そうに・・・』

ワシ・・・『でも、ホンマの事や』
電線と端子があれば出来る。


ハーネス新設 ①
(2411)_convert_20170210162314.jpg
カッチンコッチンの保護チューブを取っていきます。

出来るだけ当時の様に復元します。
使用する線は違いますが・・・。


ハーネス新設 ②
(2412)_convert_20170210162329.jpg
露出部分の線は色の区別がつかない位ですが、
チューブを取ると綺麗な線です。

何かもったいない気がする。


ハーネス新設 ③
(2419)_convert_20170210162358.jpg
保護チューブの分岐点も測っておきます。

忠実に再現です。


ハーネス新設 ④
(2424)_convert_20170210162428.jpg
保護チューブの採寸も終わったので作っていきます。

ただ、手持ちチューブの黒色がない。
若干余っていたが全く足りない。

しょ~がないので、右にある【DT-1】で使ったシルバーを使います。

が、径も長さも合わない。
【DT-1】の余りなのでそんなに多く購入してません。


ハーネス新設 ⑤
(2425)_convert_20170210162447.jpg
【メインSW】です。

これを外して1本1本作っていきます。


ハーネス新設 ⑥
(2431)_convert_20170210162559.jpg
バラバラにする前に配線図を書いておきます。

手持ちの線を使うので、近い色で設定。


ハーネス新設 ⑦
(2426)_convert_20170210162503.jpg
黒色チューブも無けりゃ、シルバーも足らない。

探しまくったら、以前買った白色チューブがあった。

新たに購入すればいいが、もったいないので有る物を使います。

いつ何用に買ったのか覚えてない。
ま、何でもええやろ。

殆ど隠れます。
仮に見える部分があれば考えます。


ハーネス新設 ⑧
(2427)_convert_20170210162520.jpg
既存と同じ様にやります。

ただ、やはり白チューブは違和感がある。

が、そんな事はど~でもええ。
配線が保護されれば良いことです。


ハーネス新設 ⑨
(2430)_convert_20170210162542.jpg
で、一気に配線作り 完。

ふと思った・・・。
今まで色んなヤツ等をやってきましたが、
ノーマル戻しはそないに金が掛からない。

まして今回の【クインロケット】は純正パーツがない。

ないと言う事は買わなくて済む、と言う事です。
金のないワシにとっては幸いです。

古いバイクでも【モンキー】の様に純正部品が出るモノは
使えそうでもつい買ってしまう。

いつまでバイク弄りが出来るか解らないので、
余分なモノは買わず手持ちでやって行きます。

おわり。


次回に続く・・・【クインロケットBR その84】

category: クインロケット BR

Posted on 2017/02/12 Sun. 06:54  edit  |  tb: 0   cm: 2